セミナー・イベント
セミナー
2023年 WEB開催

【予告】遺伝カウンセリングロールプレイ研修会(GCRP2022)・遺伝カウンセリングアドバンストセミナー(2022年度) 

来年2023年に開催されます遺伝カウンセリングロールプレイ研修会(GCRP2022)・遺伝カウンセリングアドバンストセミナー(2022年度) について、現時点で確定しております内容を以下にお知らせいたします。

 

1. 遺伝カウンセリングロールプレイ研修会(GCRP、2022年度) 予告

GCRPは、2021年度より日本遺伝カウンセリング学会研修委員会が担当する研修プログラムの一つとして実施しています。現在、日本遺伝カウンセリング学会・日本人類遺伝学会の研修プログラムの改定時期にあることを鑑みて、来年度の臨床遺伝専門医試験の受験者に配慮し、今年度はGCRP-A(成人、周産期)とB(小児、腫瘍)で4領域をカバーできるよう、研修中の専攻医にプログラムを提供します。

GCRP-Aは、RP研修を希望する専攻医GCRP-Bは,来年度受験される専攻医で,小児,腫瘍領域のRPが規定に足りない方を優先して募集いたします。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

  • 申込期間(一般申込):2023年1月25日(水)12時~1月31日(火)12時
  • 受講料:各回 20,000円
  • 申込先:https://gcrp.jp/

 

●GCRP-A
開催日時:2023年2月11日(土)、2月18日(土)、3月18日(土)の計3回
12時~17時(予定) 予定参加者数:各回96名
プログラム:
遺伝カウンセリング総論(講師:お茶の水女子大学 佐々木元子先生)
脊髄小脳変性症        (講師:矢部一郎先生ほか)
高年妊娠に伴う染色体数的異常 (講師:浜之上はるか先生ほか)

 

●GCRP-B
開催日時:2023年3月19日(日)の計1回
12時~17時(予定)予定参加者数:96名
プログラム:
遺伝カウンセリング総論(講師:お茶の水女子大学 佐々木元子先生)
Down症候群 (講師:清水健司先生ほか)
Lynch症候群 (講師:井本逸勢先生ほか)

 

・当日は各回2つの疾患について5-6名のグループに1名の ファシリテーター:FTと

1名のサブファシリテーター:SFT が付き、オンラインで RP演習を行います。

 

備考:

・GCRP-Aは3日間とも同じ内容となります。

・GCRP-AとGCRP-Bの両方をお申し込みすることも可能です。

・通信環境が良好な、自宅または職場からの参加でお願いします。

 

詳細が確定次第、HP に記載いたします。

日本遺伝カウンセリング学会HP:http://www.jsgc.jp/news.html#20221119

 

———————————————————————-

 

2. 遺伝カウンセリングアドバンストセミナー(2022年度) 予告

アドバンストセミナーは、日本遺伝カウンセリング学会研修委員会が担当し,テーマとなる疾患について経験や興味のある臨床遺伝専門医・遺伝専門資格取得者を対象として実施される上級者向けRP演習を伴うセミナーです。

但し、遺伝カウンセリングに関わる最先端の知識を座学で学べるよう、日本遺伝カウンセリング学会と日本人類遺伝学会会員は、オンデマンド講義(5−7講義から構成)の視聴のみでの参加も可能です(有料、RP研修の単位は付与されません)。

開催日時:2023年3月5日(日)の計1回
9時~15時(予定、当日はRPのみ) 予定参加者数:RPは48名
プログラム(予定):
遺伝性不整脈(心臓突然死に関わるGC) (講師:複数名、未定)

開催方法:
RP受講者にはWEBでオンデマンド講義を提供し(RP前後の一定期間で視聴可能の予定)、セミナー当日までの事前受講を義務付ける。当日は5-6名のグループに1名のFTと1名のサブFTが付き、オンラインでロールプレイ演習を行う。

オンデマンド講義のみの参加者も、同じ期間でWEBでの視聴が可能になります。

 

備考:
・通信環境が良好な、自宅または職場からの参加でお願いします。

ー----------------------------------

 

参加応募の詳細につきましては、後日、日本遺伝カウンセリング学会ならびに日本人類遺伝学会のホームページとメーリングリストにてお知らせいたします。

 

日本遺伝カウンセリング学会 研修委員会 委員長
山本佳世乃